データベース・テクニカルエンジニアの資格

コンピュータ資格ネット
コンピュータ資格.net > データベース・テクニカルエンジニア(DB)
国家資格試験
公的資格試験
民間認定資格試験
資格一覧
資格学校
情報処理技術者試験とは
教育訓練給付制度

データベース・テクニカルエンジニア(DB)とは

データベース・テクニカルエンジニアは膨大なデータを蓄積するデータベース作成の専門家です。データベースの作成や運用または保守までデータベースに関するすべてのことを行います。

無題ドキュメント

資格区分 国家資格
受験者数/合格率 受験者数10,000人 / 合格率10%
受験資格

受験資格はありません

試験科目(内容)

データベース・テクニカルエンジニアの試験は午前と午後に分けて行われます。午前は知識を問う多肢選択式の問題、午後は技術の応用能力と実務能力を問う問題の試験が行われます。

午前多肢選択式の出題範囲
・コンピュータシステム2
・システムの開発と運用2
・データベース技術3
・セキュリティと標準化2

※1-3の数字は難易度を表し3が高度となっています。

午後多肢選択式の出題範囲
・データベースシステムの設計構築
・データベースシステムの運営保守
・データベース技術

受験申込

一月中旬からニ月中旬
※インターネットからも申込できます。

試験日

4月の第三日曜日

試験地 全国主要都市
受験料 5,100円
受験対策 専門学校、通信講座、参考書
試験機関 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
電話  03-5978-7600
ホームページ http://www.jitec.jp/
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
備考 データベースの構築できる専門家として高い評価をうける国家資格です。合格率からも難関の国家資格であることがあわかると思います。
参考書、テキスト


情報処理技術者試験 | 公的資格試験 | 民間認定資格試験 |
お問い合わせ | サイトマップ | 利用案内 | LINK |
関連資格サイト:資格試験 | 資格取得 | 職業ランキング
コンピュータの資格やパソコンの資格を取得するために必要な情報を紹介しています。
Copyright (C) 2008-2011コンピュータ資格.net All Rights Reserved.